会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立を行うタイミングはどのくらいがいい?

    

 

会社設立に取り組むタイミングとしては、いつがいいのかという質問がよくあります。

様々なポイントとなるところがあり、起業家各自の事情にしたがって、状況に対応して設立するわけですが、共通した着眼点もあります。

 

 

 

引き継ぎを考慮に入れることは重要です

勤めている会社を一日でも早く辞め、起業したい人は少なくありません。

はやる考えは理解できるのですが、お世話になった方達に面倒をかけてもいけません。

残されている方達に迷惑をかけないうえでも、きちんと引き継ぎをした後で退職することが不可欠です。

設立時期を考察する際には、自分自身が退職することができる時期と結びつけることを意識することが重要になります。

そのくらい信用を大切に考える人でなければ起業しても成功は不可能です。

普段から後輩、あるいは部下を育成しておくことが大事といえます。

 

売上面と資金面の影響を考慮することが大切です

設立のタイミングで、必然的に気にかけるべきことは、売上が出せる時期です。

産業ごとのトップシーズンを逃さない瞬間を加味しましょう。

ひとつの例として、不動産仲介業ならば、引越のシーズン前の1月~2月にかけてはセールスしていたいはずです。

そのポイントから逆算すれば、宅建免許申請から許可が下りるまでの3ヶ月くらいの期間も算定しておく必要があります。

秋口に、設立していないと時間に間に合わないことがあり得ます。

要するに許認可に求められる期間に関しても影響を及ぼすかもしれないということになります。

設立の時期とそれ以降のスケジュールはとても大事になってきます。

きちんとプランニングしておくことをおすすめします。

また、資金のことも検討しておくことが重要になります。

まず、設立に取り組むには資本金が要ります。

充分な資本金がなければ、自己資金が多くないとみなされ、創業融資の審査にもダイレクトに影響します。

起業に求められる資金トータルのおよそ1/3くらいは自己資金を準備できることが重要となります。

そのように考えると、ボーナスを貰ったあとに辞める、退職金を貰ったあとに設立をするといった効果的な対策が考えられます。

 

創業補助金と法人成りのポイント

創業補助金という名の補助金が存在しています。

新たな形で個人事業の開業若しくは設立する人に対しまして、経費の一部分を国がアシストするというシステムです。

最大値で200万円くらいを原則として返済不要でサポートしてくれるというこのシステムは、起業家からすれば惹きつけられる制度といえます。

こちらの創業補助金は会社設立のタイミングが多分に影響を及ぼします。

年度によりましては、補助金の申請のタイミングに、もうすでに会社設立を行っていると対象外になることもあるためです。

その年度の必要な要件が発表されるのは、例年3月くらいです。

この時期に設立しようと考えている場合は、新着の情報に意識を向けましょう。

また、個人事業から法人成りを行って設立をするケースも、売上面や資金面それから、創業補助金など、同様のことが留意すべき点となってきます。

ほかにも、法人成りならではのテーマとしては、消費税でしょう。

よく知られているように消費税は2年の免税期間が存在しますが、設立をした場合、新たに免税事業者へと戻れる可能性があるためです。

タイミングを図って、手落ちなく法人成りを活用することになれば節税になることも考えられます。

それに加えて、所得そのものが増え、所得税の税率が上昇してきた際に法人成りを実行すれば、全体として、相当な節税になることもあります。

 

設立の時期を考える上で、一般的に考えて理解しておくべきポイントがあります。

しかしながら、個々の事業により、ケースバイケースですし、ことと次第によると別の要素も踏まえて考える必要性もあります。

設立を考える際には、あらかじめ専門家に相談を持ち掛けてみることが大事です。

よく読まれている記事