会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立手続きの代行サービスがおすすめな理由

    

会社設立をするにあたっては、多くの手続きをしなければいけません。

経営者の仕事とはいえ、慣れていない分野。忙しいときには誰かに任せたくなります。

そんな要望に応えるのが、会社設立手続きの代行サービスです。

 

会社設立までの時間を自由に使える

 

会社設立手続きの代行をおすすめする一番の理由は、時間・手間がかからないからです。会社というのは、趣味のサークルと違って法的に存在を認められる事が必要です。

そのために、定款を作ったり、資本金を確保して法務局に登記をしていきます。ひとつひとつの作業で、書類の記入漏れや間違いがないように確認しながら進めていかなければならず、スムーズに行けば数日で終わることもありますが、準備が足りないと1ヶ月近くかかることもあります。

しかも法務局や税務署など、申請する内容ごとに行く場所が変わってきますから、体力も使います。事業の準備で忙しいのに、その労力を割かなければいけません。もし会社設立を予定している日までに、準備ができなかったら今後の経営にも影響が出てきます。

ですが、面倒なことを代行サービスに任せられるならば、本業に集中できます。その空いた時間を使って、より多くの顧客を作ることが出来れば、あるいは魅力的な商品の開発ができれば、経営が軌道に乗るまでの期間を通常よりも短縮できます。

 

資金の心配があるときには心強い味方になる

 

会社設立をするならば、すぐに多額の収益を得られることはまずありません。まずは商品を販売したり、サービスを提供して、顧客の信頼を得る事から始めていきます。売上がなければ、オフィスの賃料や人件費などは会社の資金から支払います。

そんなときに自治体からの助成金を受けたり、節税ができれば、それだけ長く会社を維持できます。時間をかけなければ、結果が出ない事業もありますから、資金面での助けは大いに役立ちます。

会社設立の代行サービスを行っているのは、司法書士や税理士、社労士などさまざまな士業があります。それぞれの士業の強みを活かした内容となるわけですが、税理士であれば節税についてのノウハウを教えてもらえますし、社労士は助成金・補助金の申請について知識をもっています。

助成金・補助金は、厳しい審査をしたり、予算がなくなれば終了するものもあります。審査に通るためのノウハウを持っている専門家の助けがあったほうがいいです。

 

事業開始後の困ったことも相談することができる

会社設立は、代行サービスにとっては手続きを済ませたら、通常ならばそこですべてが終わりとなってもおかしくはありません。しかし、出来上がったばかりの会社そして経営者が、本当に頑張らなければいけないのはその後のことです。

銀行からの融資が受けにくい、人手が足りないといったことで悩むことも多くなっていきます。代行サービスでは組織の困りごとを解決する有料・無料のアフターサービスを取り入れているところもあります。

例えば、定期的に異業種交流会、セミナーなどを開催して経営者同士のコネクションづくりを手助けしたり、税務に関するアドバイスなどを行います。足りない人手を補うためには、人材派遣会社の紹介もしてくれます。

こういったサポートを受ければ、廃業のリスクを大きく減らすことが可能です。その内容については、税理士や行政書士など代行サービスを提供している事務所によって変わってきます。

依頼をする前には、費用のことも重要ですが、そういったサポートの充実度を調べることが大切です。

 

会社設立の代行サービスを利用すると、手間と時間のかかる面倒な手続きを専門家に任せることができます。しかも、補助金・助成金の申請もしやすくなるので、資金面の不安も解消できます。

会社設立をしたあとに、困ったことがあるときには、アフターサービスということでいろいろなサポートをしてくれるので、経営を安定させることが出来ます。

よく読まれている記事