会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立をする際に知っておくべきこととは

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/22
    

会社を設立するのは、昔に比べてだいぶ簡単になってきています。

それにより会社を設立するハードルが低くなっています。

これはメリットでもありますが、場合によってはデメリットになってしまうケースもあります。

会社を設立するというのは、法人化することになり、本当に法人化をすべきかどうか慎重に検討する必要があります。

そこで会社設立をする際に知っておきたいことをこれから幾つか挙げていきます。

 

会社を設立するメリットは2つあります

会社設立をするメリットは、社会的信用が増すことです。

個人事業主よりも法人化することで取引先からの信用が得られやすくなります。

ビジネスは信用が一番大事になってきますので、この信用を得ることは会社にとってはとても重要なことになります。

取引先には法人相手でないと取引をしないという所もありますので、そうした場合には法人化しておくことはメリットがあります。

法人は国から法的に認められた人格を指すので、いわば国のお墨付きを受けた人格ということになります。

ですから個人事業主よりも信用力が高くなります。

2つ目のメリットは、金融機関から融資を得やすくなることです

それは社会的信用が高いことから金融機関も融資先が個人事業主よりも法人の方が安心するからです。

 

会社を設立する際のデメリットとは

会社を設立する際にはメリットだけでなくデメリットも知っておく必要があります。

個人事業主であった頃よりも費用がかかってきますので、まずはその点を知っておくべきです。

会社を設立する際には定款作成や定款認証の手数料そして登録免許税などの初期費用がかかってきますが、会社を設立すると費用はそれだけではありません。

会社を設立したらその年どれだけ赤字があっても最低7万円ほどの住民税を支払いが発生します。

これは個人事業主では支払う必要がないものですが、会社を設立することで発生してしまう費用になります。

意外とこの費用を考えない個人事業主の人もいらっしゃいます。

会社を設立することは法人化になることであり、その法人は法律によって認められた新しい人格を与えられます。

それはつまり、法に守られたもう一人の人間を作ることになるわけです。

税金は人が一人増えれば当然ながらその増えた人にも税金はかかってきます。

その典型が住民税となります。

個人事業の頃は自分自身だけの住民税で済みましたが、会社を設立すれば法人という人格が増えるのでもう一人分の住民税を支払う義務が生じることになります。

この事実を知らない人が多いので、会社を設立する前に必ず知っておきましょう。

 

会社を設立する際には印鑑を作ること

また会社を設立する際には印鑑に関しても知っておきたい知識です。

会社を運営していくためには必要な印鑑が4種類ありますので、それらの印鑑を作っておくことを忘れてはいけません。

これら印鑑は、会社設立の手続き前までに必要となります。

具体的に必要な印鑑は、代表者印と銀行印そして社印とゴム印の4種類となります。

これらの印鑑は必ず必要になりますので、会社を設立しようと決めた場合には早く用意しましょう。

おすすめは、インターネットの印鑑通販サイトです。

会社を設立する際の印鑑を安く購入することができます。

そして納期も早いので店舗を構えている印鑑販売店よりもおすすめです。

 

以上のように会社設立をする際にはメリットだけでなくデメリットも知っておく必要があります。

今まで挙げてきたことは会社を設立する際にはとても重要なことになります。

もちろんその他にも知っておかなければいけないことはありますが、重要な項目は前述で挙げてきたものになります。

よく読まれている記事