会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立の手続きとは?手順の流れと設立後にやるべきこと

    

会社設立では行うべき手続きがあり順番に処理をしていくものがあります。

その流れと手順については自ら申請を行っても良いですし、代理人として行政書士、司法書士などの専門家に代理申請を依頼しても構いません。

また法人登記が完了したら会社設立ですが、その後税金関係の届け出と、社会保険及び厚生年金などの届け出も必要な場合があります。

 

 

会社設立を行うための準備と代理申請

会社設立では定款の作成を行う必要があり、その定款に記載する内容をしっかりと確認し把握の上で完成させることが求められます。

定款の作成により公証役場でその定款の認証を受け、認証を受けた定款を法務局にて登記申請して会社設立となります。

この手順と流れは、概ね同じですが、社会福祉法人などでは多少異なる点もあります。

定款の作成では設立後に実施する事業の明記などが必要ですから、ある程度のビジョンが重要になってきます。

その事業によっては行政から認可を受けるような建設業であるとかあるいは介護保険などの福祉関係の場合、別途認可を受ける必要がありそのときに定款や登記に明記されていないといけないものです。

自ら行っても構わないものですが、定款の代理作成及び申請は行政書士に、法務局での登記関係は司法書士といった具合に代理人を立てて申請を行うとスムーズに行きやすくなります。

 

会社設立後に届け出ることについて

法人登記が出来たら、そのときから届け出るべきことがいくつかあり、まずは税金関係です。

国税の届出は最寄りの税務署となり、都道府県税事務所及び市町村役場でも届出が必要となります。

国税は所得税や消費税などの関係となり、都道府県税事務所や市町村役場では住民税関係が主に届け出る必要があります。

開業する事業によりその他にも届け出る必要があり、事前にチェックを行って確認をしておきます。

税金関係以外では社会保険及び厚生年金さらに雇用保険などの届出を行っていきます。

ただし法人の規模、営業時間によっては届け出なくてもいい場合がありますので、こちらも確認が大事です。

雇用する人数などでも変わりますから、申請前に漏れがないかどうか確認します。

その他、開業する事業によっては別途開業に申請を行うケースがあり、この場合は法人開設後すぐに出来ないこともありますから、会社設立とは別に準備を進める必要があるものです。

届出自体書類が膨大ですので、チェック漏れをしないことが肝心です。

 

代理申請を上手に利用して行うこと

事前の段取りがとても大事となりますが、個人ですべてをカバーするには限界もあります。

したがって士業の専門家に代理申請を依頼し、開業者が別の案件に時間を使えるようにすることも必要です。

すべてを個人で行うには時間がとれなかったり書類の記載ミスなどの可能性も高まります。

定款の作成や認証申請では行政書士、法務局での法人登記関係は司法書士に、さらに国税を始めとする税金の届出は税理士、社会保険及び厚生年金の届出は社会保険労務士などに任せるとスムーズです。

なお、彼ら士業の中には別の専門分野を持っている場合がありますので、すべてのケースで対応をしてもらえるとは限りませんので、得意分野及び受け持つ分野などを見極め士業を見つけることも重要です。

開業申請を行うときになって慌てて探したりすると連携ミスなどの可能性が出てしまうものです。

段取りよく進めるためにも事前の依頼なども含めて対応をとることが求められます。

 

よく読まれている記事