会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

失敗しない会社設立とは?成功する起業のポイント

公開日:2018/10/15  最終更新日:2018/11/02
    


これから会社設立を考える人にとって、開始後の事業が軌道に乗るか、とても不安を持ちます。

あるデータによると起業後に5年経営が継続できる企業は30%未満と言われており、70%以上が廃業を迫られていることになります。

起業前に十分な計画を立てることが重要です。

ここからは会社設立で失敗しないためのポイントをお話していきます。

 

起業を投資として考えベネフィット&リスクのバランスを図る

会社設立には様々なリスクが存在します。

起業時の設備投資費や経営後の固定費など事業収益が十分でないと、収益で得たお金をオールオーバーしてゆくことができなくなり、たちまち事業は軌道から外れます。

ここで言う、ベネフィット&リスクのバランスはとても重要なことです。

起業そのものにリスクがあるため、リスクを避けて通るということはできません。

なのでリスクを十分に理解し、ベネフィットを最大限にすることが必要です。

全国で経営破たんや廃業に追い込まれた企業のおよそ80%は過度な設備投資と固定費過多であると言われています。

インフレ経済下では借金が当たり前、借金をしなければ事業は大きくできないという概念が高かったのですが、現在のような不安定な経済で過度な設備投資をしても必ず経営が上手くいくとは限りません。

過度な設備投資や固定費過多は経営を悪化させます。

地域の一等地に会社(事務所や店舗)を構えたり、機器類や備品、社用車等の設備投資に費用をかけ、さらに家賃や従業員給与などの固定費を掛け過ぎると、その費用を毎月賄うのに苦労します。

投資をするベネフィットを考えるために、同時にどのようなリスクが潜在し、それを回避して進まなければいけないかを考えなければ経営は上手くいきません。

 

市場トレンドに便乗すると失敗を招く

会社設立後に経営に成功する人と失敗する人では事業計画の綿密さと甘さという大きな差があり、前にも説明したように、投資にはベネフィットとリスクがありそのバランスを取ることがとても難しいのです。

経営が失敗しないためにも、事業計画を正しく立てることが必要です。

どの業界にも同一市場には多くの敵(同業他社)が存在し、生き残るために様々な戦略を立てています。

市場に働く市場原理は消費者心理をあおり、同一市場で競争が激化し、互いの企業に対抗や競争といった現象が発生すると益々、生き残ることが厳しい状況となります。

日本をはじめとする先進国はインターネットにより多くの情報が入手できるようになり、昔と比べると起業が簡単になり、人気の高まりと共に多くの事業者が市場に参入してきます。

通信・IT関連、太陽光発電、自動車買取、リフォームを提案する業界は、ここ10年で急成長した市場は、現在人気と勢いがある分野として起業する人も多いようですが、逆に考えれば競争相手が多いことで、収益を上げるのが難しい分野とも言えます。

市場競争原理が働くと、企業規模や資金力が重要であり、弱肉強食となります。

市場トレンドに左右されず自身の強みを経営ノウハウに活かすことが重要です。

 

会社設立のためにプロによる代行サービスを受ける

会社設立のサポートを請け負う代行サービス業者があります。

会社設立代行業者は設立までの複雑な手続きや書類作成、登記などをスムーズに進めるための代行によるサポートを行います。

代行手数料が掛かりますが、複雑な手続きに掛かる時間と労力を短縮し、早期で事業を軌道に乗せ、安定した経営を目指すには会社設立のプロによる設立代行や経営サポートを受けることも良いです。

会社設立と経営を成功させるための業者は司法書士や行政書士の他にそれを専門とするビジネスで生業とする様々な業者がおり、個別にサポート体制や料金体制が異なります。

インターネットのポータルサイトを利用して、会社設立代行サポート業者のランキングや比較が可能です。

様々なサポート企業のサービス内容や料金設定を比較することで費用対効果を高めることができます。

会社設立には複雑な手続きが多いですが、この手続きを煩雑に行えば起業はスムーズには進まず、また、経営も上手くはいかないでしょう。

会社設立と経営を成功させるためにインターネットを活用して代行業者のサポートを受けることが良いでしょう。

 

よく読まれている記事