会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立の挨拶のポイント

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/05/24
    

会社設立にあたり、「挨拶」は欠かせない重要ポイントです。

業界問わず、新規参入する企業は既存の企業に比べるとコネクションも少ないもの。

だからこそ会社設立時の挨拶は、自社の存在をアピールし印象づける絶好の機会となります。

 

会社設立の際に欠かせない挨拶状

 

それでは具体的にどのようにすれば会社設立の際に、自社の存在を印象づけることができるのでしょうか?アピールする方法は色々とありますが、まずは基本から抑えていきましょう。

会社設立の基本、それは関係者に対して挨拶状を送るということです。コミュニケーションは人間関係の基本であるだけでなく、企業活動においても重要なポイントとなります。

たとえば引っ越しなどをする際にも、自宅に隣接する近所の人たちに、これからよろしくお願いしますと声をかけるかどうかで、周囲の人たちからの第一印象は大きく変わり、何もしなかった場合と比較すると格段に環境に溶け込みやすくなります。

大学生が学生の間に起業したベンチャー企業などでは、こうした周囲の気配りを怠ったがゆえに、事業計画自体は素晴らしいものがあったのに、取引先との関係が上手くいかず、成功できなかったというケースも少なくありません。

気配りこそ、会社を成功させる鍵となので忘れずに行うべきです。

 

挨拶状に記載するべき情報について

 

企業の新規参入というのはそれ自体がニュースであり、新興企業には多くの人たちに注目してもらえる大きなチャンスでもあります。その機会を最大限に生かさない手はありません。よくありがちなミスが、企業情報の記載不足です。きちんと書状を作成して関係者に送ったが「これからよろしくお願いします」以上の情報が掲載していなかったというものがあります。

創業者にとっては自分が成立した企業が、何という名前でどういった業務活動をしているのか、どこに本社があるのかといった情報は周知のことですが、第三者にはこれらはまったく未知の話です。書状を送る際には企業名だけではなく、最低でも代表取締役の名前や住所、電話番号、業務内容を掲載しておきましょう。

また可能な限り書状を送る前に企業のホームページを作成し、アドレスも掲載しましょう。ホームページは名刺代わりと言っても過言ではありません。多くの人が企業について興味を持った場合、まず検索サイトを使ってその企業のホームページを確認します。

 

挨拶状で熱意を伝えることも大切

 

当たり前の話ですが、新しく誕生した企業には既に存在する企業と違い積み上げてきた実績というものがありません。長きに渡る取引によって信用を積み重ねてきた企業との競争に勝ち、自社の基盤を作り出すには取引先から「この会社に任せてみよう」と思わせる熱意を見せる必要があります。

そのためにも挨拶状には会社の代表者がなぜ企業を設立したのか、これからどんな目標を持って企業活動を行い社会に貢献していきたいのか、自分の言葉でアピールすることが大切です。そして考えた文章はそのまま掲載するのではなく、専門家に頼んで校正のチェックを受けましょう。

敬語などの言葉遣いが出来ていない、ことわざの意味を誤用している、誤字が多いといったミスがあれば、それはそのまま新企業の評判の低下に繋がります。

逆に文章がしっかりと練られたものであれば、それだけで企業の信用は高まり仕事を任せてみようと考えてくれる人が増えます。専門家を雇うと多少の費用がかかりますが、それだけの価値はあるはずです。

 

現代は大抵のことを事務的なメールで済ませるようになっており、個人が手紙のやりとりをする機会は減っています。しかしそんな時代だからこそ、挨拶状のような文章を作成することは、取引先からの信用を得るためにも重要です。

 

よく読まれている記事