会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立に必要な書類と作成方法をご紹介

公開日:2018/12/03  
    

これから会社を作ろうとする経営者にとって最初のハードルになるのが会社設立の手続きです。

とても難しいことのようなイメージがありますが簡単にまとめると必要書類を作成して法務局に届け出るという作業が会社設立のために求められる手続きです。

そのため要点を押さえておけば無駄なく手続きを進めることが出来ますのでお勧めです。

 

 

 

必ず必要になる会社設立のための必須書類とは?

どのような場合でも必要になるものがいくつかありますので会社設立のための必須書類として覚えておきましょう。

それは登記申請書、収入印紙を貼り付けた台紙、登記事項をまとめた文書または電子データ、そして定款です。

資本金の払い込み証明書も提出を求められ、会社の印鑑を登録するための印鑑届出書も必要な資料の一つであり、さらに取締役の就任承諾書も重要です。

これらはすべて会社設立のために用意しなければならないものであり1から作らなければならないものもあります。

これらの中で特に重要とされているのは定款です。

会社の様々な情報をまとめたものであり、会社の情報を整理した定款が最も重要かつ準備に時間がかかるものです。

これらを速やかに準備することが求められますので、あらかじめどのような情報が必要になるのかについては下調べをしておくほうが良いでしょう。

全部で7種類がありますが、これらが法務局への会社の設立登記の際に提出を求められるものです。

 

場合によっては必要になる作成が必要な書類について

会社設立では様々な事情により提出しなければならない書類に違いが生じ、その一つが発起人の決定書です。

本社所在地が番地まで含めて定款に指定されている場合を除いて要求され、工事方法に電子公告以外を選択した場合も同様です。

これらのケースに該当する場合は提出しなくてもよくなります。

次に代表取締役の就任承諾書や監査役の就任承諾書も求められることになりますが、取締役が一人で決めなくてもよい場合や、監査役を設置しない場合などには不要になるという仕組みがあります。

これらは会社組織をどのように構成するのかということによって決まってきますので、知識を身に着けておくことも大切です。

知らなかったでは済まされないこともありますので注意しておきましょう。

他にも取締役会を置かない会社の場合には取締役全員の印鑑証明が求められることになります。

これらは状況によって要求される可能性がある書類ですので、いざ求められた時には対応することが出来るように用意しておくという考え方が重要になります。

 

会社設立に必要な書類は専門家に任せることもできます

以上のように会社設立のために必要となる書類には数多くのものがあります。

そしてそれらに関しては書類作成という手続きによって申請が行われることになるのですが、必ずしも自分で作成をしなくても専門家に代行してもらうということが不可能ではありません。

専門家としては司法書士や税理士などが代表的な存在となっており、先々において様々なことを相談する相手になることもあるでしょう。

作成する書類は数がそれなりにありますが、その内容についてはある程度型にはまったものであると言えますので、経験豊富な専門家にとっては難なく対応することが出来るものの一種となります。

短時間で正確な仕事を行うということを期待することが出来ますので、特別な事情がある場合を除けば専門家に任せてしまった方が多くのメリットがあります。

経営者でなければ判断できない要素がいくつか残りますので、その部分についてだけ対応をすれば事足りるという考え方も可能です。

 

よく読まれている記事