会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

サポート業者に会社設立を依頼するメリットとは?

公開日:2018/11/15  最終更新日:2018/11/02
    


ビジネスを行おうとする場合、その最初の一歩になるのが会社設立です。

その手続きは実際には書類による申請作業であるため、専門家に委託をして対応してもらうことが出来ます。

そのようなサポート業者に手続きの一部または全部を任せるという方法を選択する経営者も増えてきており、その中身について理解をしておくことは重要であると言えます。

 

 

サポート業者を頼る場合のメリットとは

サポート業者と呼ばれる専門家は、経営者に代わって会社設立のための手続きを代行することが出来ます。

このことにより経営者は本来の仕事に専念することが出来ますので時間を有効に使うことが出来るというメリットがあります。

専門家の知識と経験を上手に活用することで素早く確実な対応が可能です。

専門家は階差は設立に関する手続きについては豊富な知識と経験がありますので、自分で対応するよりも良い結果になる場合がほとんどです。

代行してもらうためには一定の手数料が必要になりますので高くつくと敬遠してしまう場合もあるのですが、電子定款などの仕組みを活用することで会社設立に必要となる経費を抑えることが出来る場合もあります。

総合的に考えた場合、自分で手続きをしてもサポート会社に会社設立手続きを代行してもあまり変わらないこともあるのです。

このような現実がありますので、いざ会社設立が必要となった場合においてはどの程度の費用で手続きの代行をしてもらうことが出来るのかについて調べてみる価値はあると考えておきましょう。

 

サポート業者の選択にはどのような選択肢があるか

一般的に知られているのは司法書士などの専門家による代行手続きです。

申請先である法務局の周辺に事務所を構えていることも多く、これから会社設立を考えている経営者にとっては頼れる存在であると言えるでしょう。

会社を作った後でもお世話になることが多い専門家ですので、早い段階で関係性を構築しておくのもお勧めです。

知人の推薦があればそれに越したことはありません。

上手に活用するようにしましょう。

他には税理士が代行手続きをするというケースがあります。

税理士は会社経営にとってはパートナーとなる存在であり、ビジネスを成長させていくためには有効な選択肢になります。

いずれどこかの税理士との相談が必要になる時が来ますので、会社設立の段階からお世話になっておくという選択肢もあります。

これらのいずれの選択の場合も会社設立のために必要となる費用を安くすることが出来る電子定款の作成に対応していることが少なくありません。

この点に注目して業者を選べば、ほとんど損をする要素はないと考えることもできます。

 

サポート業者に手続きを任せることはできるか

司法書士や税理士などの専門家には会社設立の手続きのサポートを依頼することが出来ますが、経験豊富な専門家であるため手続きのすべてを任せてしまうことも可能です。

会社の名称や所在地の決定などのような経営者の責任で決めるべきものを除けば、必要な手続きのすべてを行うことが出来る能力を有していますので任せることが出来ます。

経営者にとって重要なのは会社設立という結果ですので、それを確実に行うことが出来る専門家がいるのであれば全て任せてしまうというのも良い選択肢です。

近年では代行を委託してもコスト面での負担がほとんどない選択肢もありますので、積極的に活用してビジネスのための時間をより多く持てるようにすることが推奨されています。

自分自身で会社設立手続きに対応するよりも格段に速く正確に対処することが出来る専門家ですので、頼るべきところは頼るようにした方が良いのです。

コスト面でのデメリットは大きくはありません。

むしろ専門家に任せることによるメリットの方が大きく目立つものになるでしょう。

 

よく読まれている記事