会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社を設立するなら個人?それとも代行業者?

    

会社設立では色々な書類を関係する役所などに提出をする必要があります。

このとき自ら行うか代行業者などに任せるかは任意ですが、自ら行う場合には相応の時間がかかるため注意が必要です。

失敗するとやり直しなどをしなければならず、時間をさらにロスします。

またその時間が別のことに使用出来ることを鑑み、慎重に決めることが大事となります。

 

会社設立での代行業者は士業にお任せ

会社設立では定款の作成や公証役場での認証を受け、法務局での法人登記申請を行い完了させるという手順を踏みます。

このとき始めて会社設立を行う人にとっては初めて聞くような言葉もあったりして、必要な書類を作成することを業務とする人でなければ難しいものです。

その専門の業者すなわち士業に依頼を行うことで、時間を大幅に節約出来ます。

任せっぱなしでは無く或程度の関与を行いつつ、進行状況の把握と次の申請に向けての準備を行うことが容易になるわけです。

個人ですべてを行うことも不可能ではありませんが、時間がかかります。

その時間がかかる間も何かと出費はかさむものですから、個人で行うべきか否かは慎重に判断すべき事案です。

比較すると時間がある人で多少の出費を惜しまない場合には、個人ですべてを行うことも可能です。

反対に時間をなるべくかけずに速やかに会社設立を行いたいときには、士業に依頼をするに限ります。

無論、士業も善意で行動をしている訳ではありませんので依頼料はかかりますが、それでも貴重な時間を確保出来るメリットは大きいです。

 

すべてを士業に依頼出来るとは限りません。

すべての事柄を士業の専門家に依頼して丸投げが出来るわけではありません。

会社の特長や開業後に行うべき事業について明記することを決定するのは、依頼先ではなく依頼者です。

分からないことは士業に確認が出来ますが、実際に何をするのかは会社を設立する人が決めます。

ここで実施する予定の事業は定款に明記していくものです。

定款で明記する事柄はその言葉、文字文言がそのまま法人登記に載ります。

慎重に言葉を選んで決める必要があり、特に実施する事業によっては明記を求められるものがあるため注意を要します。

法人格でなければ認められない事業、たとえば福祉介護関係などはその代表です。

定款の言葉がそのまま法人登記になりますので、申請前に定款の認証を受ける前にチェックをする必要があります。

記載された文字文言で問題がないかどうか、行政などの関与が必要かどうかなどは申請者が判断することです。

依頼先が行うものではありませんので、注意が必要です。

なお記載の形式について定款は、公証役場でチェックを受けることが可能になっています。

 

設立後にも士業に依頼をすることがあります

会社設立は実際には法人登記をしたときをもって完了しますが、そのタイミングを起点にして届け出るべきものがあります。

また期日が決められているものなどがあり、これらは取り急いで申請を行わなければならないものです。

税金関係では消費税や所得税、法人税といったものは国税ですので、最寄りの税務署に必要な書類を提出します。

その他住民税などの地方税はそれぞれ都道府県税事務所や最寄りの市町村役場の税務担当課に申請を行います。

こうした税金関係であれば税理士に、あるいは提出するだけなので個人で行うケースもあります。

この他には社会保険及び厚生年金は日本年金機構や厚生労働省の出先へと提出しますが、社会保険労務士に代行を依頼することも可能です。

届け出るだけではなくそれ以降も睨んで行動をするところもあります。

士業にいったん依頼をして引き受けてもらうことで、その後に依頼をしたい場合に話がスムーズにいくことが多いです。

税金関係は毎年関係しますので、税理士と懇意になっておく意味は大いにあります。

 

よく読まれている記事