会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立するなら固定電話は必須?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/26
    

会社設立のためには銀行口座を開設したり実印を登録するなど様々な手続きが必要になります。

多くの起業家が疑問に感じるのが固定電話の開設についてです。

最近では携帯電話やスマートフォンが普及しているため、事業を行う上で固定電話が必須というわけではありません。

しかしなるべくならば固定電話を導入した方が良いでしょう。

 

会社設立に固定電話が必要とされる理由とは?

最近では携帯電話やスマートフォンが広く普及するようになりました。会社の登記も携帯の番号で行うことができます。

実際に固定電話を設置したとしても、起業してすぐではあまり使わない可能性があります。多くの起業家が携帯だけあれば足りるのではないかと考えがちですが、現在でも固定電話は非常に重要な存在です。

一般的な取引の現場では名刺の交換が行われます。名刺をもらったら最初に名前や肩書、住所や電話番号を確認することになります。携帯の番号しか記載されていないと、納期や支払いの発生時に音信不通になるリスクが存在します。

取引をスムーズに行うためには相手に信頼してもらう必要があります。しかし携帯の番号だけでは信頼を得るのが難しいというデメリットが存在します。会社設立の際に固定電話を導入すると、取引相手の信頼を得やすくなります

取引実績を重ねるほどより多くの顧客から信頼を得やすくなり、さらに業績が向上します。実績がない状態では携帯電話で足りると考えがちですが、会社設立の当初こそ固定の電話回線を導入する必要があります。

 

スムーズに起業するためには固定電話が重要

起業後に事業を軌道に乗せるためには、順調に取引実績を重ねる必要があります。会社の信頼度を高めることがより多くの顧客と取引を行うための鍵です。

携帯電話だけでなく、固定の電話を導入していると顧客からの信頼を得やすくなり、それは取引を行いやすくなるだけではありません。相手からの信頼度が高まるほど、より有利な条件で取引を行う可能性も高くなります。

個人事業主などで普段は外出しているという場合、オフィスに電話を導入しても無駄ではないかと考える人もいます。しかし外出先でも携帯を使ってオフィスの電話番号を利用する方法があります。携帯が1台あれば2つの番号を利用することが可能です。

例えば電話会社では携帯から取引先にかける際に固定の番号を通知させるサービスを行っています。取引先から電話がかかってきても携帯に転送して受けることができます。

休日など営業時間外はお休みのアナウンスを流すことも可能です。普段はあまりオフィスにいない場合でも、固定の電話番号を活用することができます。スムーズに起業を行うために固定の電話は非常に重要な存在です。会社設立時にはなるべく導入することをおすすめします。

 

固定の電話番号を取得するまでの流れ

会社設立時に固定の電話番号を取得すれば、スムーズに事業を開始することができます。

番号を取得するまでの流れとしては、まず電話会社に問い合わせを行い、ヒアリングと具体的なプランや回線の提案を受けます。プランと回線を決めたら実際に導入できるかどうかを検討します。そして申込み後に引き込み工事を行い開通という流れになります。

回線工事と並行してオフィスで使用する電話機も決めなければなりません。一般的に事業で使用される電話機はビジネスフォンと呼ばれます。ビジネスフォンを取り扱っている会社は非常に多いので、最適なものを選ぶのは大変です。

業者を調べて見積りを求め、機能や価格の他に保守対応などを確認します。他の利用者による評価も調べると良いでしょう。複数の業者を比較検討して最適なものを選びます。

電話番号を取得した後は、必要に応じて転送サービスなどを利用すると良いでしょう。事業が軌道に乗って社員が増えた場合には増設工事が必要になる場合もあります。

 

会社設立の際には電話回線が必要になります。最近では携帯電話やスマートフォンが普及しており、必ずしも固定の電話を導入しなくても事業を行うことができます。しかし固定電話を導入した方が顧客からの信頼性が高まり、スムーズに取引を行うことができるようになります。なので会社設立時にはなるべく固定電話を導入するのが良いでしょう。

 

よく読まれている記事