会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社設立の相談はどこにするべき?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/07/30
    

新しい事業を始めたいと会社設立を志す人は少なくありません。大きな成功を手に入れる人もいますが、起業から3年以内におよそ5割、5年以内には8割が廃業してしまうのが現実です。

どうしたら会社の経営を軌道に乗せることが出来るのかを知りたいとき、そのことを熟知している人に相談をするべきです。

会社設立の難しさを知っている専門家

会社設立のことを相談するのであれば、その事をよく知っている専門家に任せたほうがいいです。では、その専門家は誰かと言うと、いわゆる経営コンサルの看板を掲げている人です。

経営コンサルは会社設立をしたいと思うけど、具体的に何をすればいいのかわからない人に対して、丁寧に指導をしていきます。例えば事業計画を見てアドバイスを与えたり、銀行から融資を得るための方策、事業を開始したときには販路をどうやって確立していけばいいのかというノウハウを教えてくれます。

経営コンサルを頼ることの意義は、会社設立にあたって必要なことを教えてくれるだけではありません。多くのクライアントを見てきた経営コンサルであれば、廃業するに至ったケースもみています。それらの事例から、何をしてはいけないのか何を間違ったのかを教えてくれます。その話を聞けば、少なくとも失敗をする可能性を低くすることが出来ます。

十分な準備が出来ないようであれば、自分の会社を持つという夢を諦めることも一つの選択です。どんな判断をするのかは、個々のケースによりますから、まずは相談をすることから始めて見るべきです。

会社設立のためのセミナーに参加してみよう

経営コンサルでは、同じように会社設立しようとしている起業家たちを集めてセミナーを開催しています。そこでは、個別の相談ではありませんが、会場にいる参加者に向けて会社設立に役立つ知識を解説しています。

内容については、経営者としての心構えや世の中の流れなど大きなテーマから、より具体的に必要となる手続きや販路拡大の戦略など、セミナーによって変わります。講師となるのは、経営コンサルだけでなく、業界の第一線で活躍している人が呼ばれることもあります。

本で経営のことを学ぶよりも、そういった優れた知識を持つ業界人の話のほうが得るものが多いこともあります。話を聞くことで会社経営をすることの真の意味を理解すれば、行動をするための原動力を生み出せますそして、そういったセミナーでは参加者同士の交流を行うこともあります。同じように会社設立を目指す人達が、情報交換をして事業を開始した後には協力し合うことができれば、より成功する可能性が高まります。

誰を頼りにするのか正しく見分ける

経営コンサルという看板を掲げていても、士業と違って名乗ることは誰でも出来ます。ですから、専門家と思って依頼したのに、ろくな仕事をしてくれず報酬を取られるという詐欺まがいの事も起こりえます。そういったトラブルに巻き込まれないためにも、真に頼りになる経営コンサルを探さなければいけません。

見分け方としては、中小企業診断士や会計士など資格を取得していること、過去にどのような実績を残してきたのかです。成功した起業の経営に関わっていた実績を持っていれば、それだけ信頼性が増しますが、事務所のサイトなどに掲載されている情報だけでは真偽がわかりませんから慎重に判断をしなければいけません。

最終的には直接話を聞き、その印象から見分けていきます。知識を持っていれば、質問に対して速やかにそして具体的に答えることが出来ます。もし、質問に正しく答えることが出来ずにビジネス書に書かれているようなことしか言わないのであれば絶対に任せるべきではありません。

 

会社設立のことで、どうしたらいいのかを知りたいならば、経営コンサルに相談をするべきです。経営についての具体的なアドバイスや、失敗した事例なども教えてくれます。

また会社設立に関するセミナーに参加すれば、ためになる話を聞くことができます。同じく会社設立を目指す起業家同士の交流もできます。

そんな経営コンサルは頼りになる人と力のない人がいます。資格の有無や実績、話を聞いてみたときの印象で見分けます。

よく読まれている記事