会社設立の代行サポート業者を比較ランキングでご紹介!【相談や依頼に口コミでも人気と評判!】

会社を設立する際にかかる料金はいくら?

    

新会社法施行以前では、会社を設立する際には最低資本金というものが規定されていました。

つまり、最低限度の資本金を確保できない経営者はそもそも会社を設立することができなかったわけです。

ですが、現在においてはその規定はなくなっていますので、多額の資本金を必要としないで会社を設立できるようになっています。

 

 

各々のケースによってかかる費用が異なる

会社を設立する場合には、各々のケースによってかかる費用が異なってきます。

それは経営者自らが株式会社の設立の手続きする場合と合同会社の設立の手続きをする場合とはかかる費用は異なります。

そして、さらに経営者自らが行わずに会社設立の代行専門業者に依頼した場合には会社設立にかかる費用に代行業者に支払う代行手数料が加わります。

会社を設立する場合には設立する会社の種類によってまずは費用が異なりますし、会社設立の代行専門業者に依頼するか否かによっても費用がかなり変わってきます。

現在はインターネットであらゆる情報を調べることができますので、経営者自らが会社を設立するための情報を集めることはできますが、サイトによっては情報が古かったりいい加減なことが書かれていたりと信憑性に欠けることもあります。

その点は注意が必要になります。

 

株式会社と合同会社の設立費用は異なる

株式会社と合同会社ではかかる費用が異なりますが、それをもっと詳しく解説していきます。

細かな費用は除けば、株式会社は200,300円であり合同会社は60,000円となります。

ここからも分かるように株式会社方が圧倒的に費用がかかることになります。

それはなぜかといいますと、定款認証と登録免許税に大きな差があるからです。

株式会社の場合には定款認証の手数料で50,300円かかります。

登録免許税に関しては150,000円となっています。

一方で合同会社の場合には定款認証の手数料は0円です。

登録免許税に関しては60,000円となります。

そして株式会社も合同会社も定款の作成は必要になります。

この定款は紙の定款と電子定款のどちらでも作成可能です。

なお電子定款の方が印紙代の40,000円を節約することができますので、費用を抑えるならば紙の定款ではなく電子定款にするのが良いです。

 

会社設立の代行専門業者に依頼した場合にかかる費用

経営者が会社設立の代行専門業者に依頼した場合にかかる会社の設立の費用ですが、こちらは依頼する業者によって料金体系が異なります。

また慎重に選ばないと中にはいい加減な業者も存在しますので、依頼する場合には注意が必要になります。

必ず依頼する前にその業者の評判は調べておく必要があります。

いくらサービス内容や料金が安くて魅力があっても評判が悪ければ依頼するのはあまりにも危険です。

そこでそうした専門業者に関する口コミ情報サイトを利用しておきましょう。

ここのサイトで各々の業者の口コミ情報を閲覧して、多くの良い口コミ情報が集まっている業者を探し出します。

そうすることで未然にトラブルを防ぐことができますので、安心して依頼することができるようになります。

 

会社を設立をする場合には、会社の種類によって初期費用が異なります。

そして会社設立の代行専門業者に依頼するか否かでさらにかかる費用が変わってきます。

どれを選択するにしても各々に注意しておくことがあります。

よく読まれている記事